萬劇場ショートストーリーコレクション vol.7 夏の短編集『Face to Face』に参加する劇団メリケンギョウルさんへのインタビューです。

①劇団名の由来は?

(脚本:四条半【写真右】&演出:兼子【写真左】)

四)これはこっち(兼子)が付けたんで。
兼)そうです。ヘブライ語で「言葉と理」でしたかね。
四)広島弁だって言ってましたけどね。

②創立はいつですか?

四)初演いつでした?
兼)確か2010年だったかな。今の2人体制になったのは去年からですね。

③普段はどんな作風ですか?

四)主にナンセンスなコメディですね。
兼)ミステリだったり、言葉遊びというか、謎解き要素が多いのも特徴です。
四)今回もかなり謎解き要素がね。
兼)ないです、全く。(笑)

④今回の作品の見どころは?

四)衝撃のラスト。
兼)それに尽きるね。ほんと、度肝ぬかれますよ。

⑤今回の作品を食べ物にたとえると?

兼)色々ありますけど。
四)パクチーじゃない?
兼)人を選ぶというか。(笑)
四)好きな人はハマるし、嫌いな人は受け付けない。
兼)パクチーブームみたいな、妙なストリームが起きたらいいですよねぇ。

⑥稽古場で一番大切にしていることは?

四)どんなことも、思い付いたらやってみる。思いもよらないところから、笑いが生まれるので
兼)ほんと、この人思い付きで動くんで。割と迷惑です。

⑦次回公演の告知があればどうぞ。

兼)10月に荻窪小劇場にて、久々の兼子短編集をやります。詳細はツイッターにて発信しますが、テーマは「浮気」です。
四)君が書くとほんと、そんなんばっかりだな。

⑧今後の目標は?

四)万人にくだらないと言われる話が書きたいです。
兼)恐らく我々の「くだらない」が、パクチーのエグみの部分なんでしょうね。(笑)その根幹は無くさないように、作品を作りたいです。
四)真面目か。
兼)真面目だわ。

劇団メリケンギョウルさん、ご回答ありがとうございました!

萬劇場ショートストーリーコレクション vol.7 夏の短編集『Face to Face』
http://yorozu-s.sub.jp/ssc/ssc7/

劇団メリケンギョウル『Joe, nock or see. Cammy, more kick air!』
7月26日(木)19:30
7月27日(金)14:00
7月29日(日)12:30
Twitter @gyoulmoyoko