JR 大塚駅 北口より徒歩約4分。演劇・お笑いライブ・ダンス・講演会などあらゆる使い方のできる、約130席の多目的ホール。

萬ムービーフェス(投票受付終了しました)

  • HOME »
  • 萬ムービーフェス(投票受付終了しました)

概要

新型コロナウイルスの影響で多くの演劇公演が中止・延期になりました。
従来のような公演が打てるようになるにはまだ長い時間がかかると考えられます。
多くの劇団・個人がオンラインでの表現方法を模索していますが、劇場からも表現の場を提供致します。

【ルール】
①1日~2日で稽古から撮影まで完結
②カメラワークを活用
③キャストは数名に限定して三密の回避は徹底

【スケジュール】
撮影 …… 6月1日(月)~7月10日(金)
投票・寄付受付 …… 7月15日(水)~8月12日(水)
審査結果発表 …… 8月17日(月)

【参加団体】
チームまん○ / てあとるみのり / ノーコンタクツ / 風凛華斬 / 劇団ヨロタミ / 猿組 / 演人の夜 / 海賊のように飲む会 / メリケンギョウル / ThreeQuarter Vivace / レティクル座 / 劇団YAKAN

【後援】
豊島区


《お知らせ》
「萬応援チケット」発売中!!

●萬ムービーフェスはMotionGalleryにてご寄付を募っております。

演劇文化を守るために、ご支援をお願いします。

エントリー作品

各劇団の創意工夫をお楽しみください。
気に入った作品がありましたら、ページ下部よりご投票とご寄付をお願いします。

エントリーNo.1 チームまん○『演劇と映像の狭間』

演劇は生で見る事を推奨している、その上で、それらを映像化したDVDなどは映像作品として分類していいのだろうか?主人公はこの葛藤に一つの答えを出すべく映像用の演劇を作り始めた。そうこれは二つの世界の狭間で苦悩する男の物語。

「下ネタは世界を救う」をモットーに2009年より活動しているとてもまともな劇団です。少年の頃、排泄物で大笑いしたあの感覚を大切にして、真剣に作品作りをしております。女性や子供でも笑える下ネタ、家族で観られる下ネタ、泣ける下ネタ、と言った他では観ることの出来ないオリジナリティが有ります。我々が人間である以上、生物である以上、潜在的に持っている好奇心がチームまん〇の扉を叩く事でしょう。

エントリーNo.2 てあとるみのり『Moving On』

てあとるみのりが萬劇場で公演を行ったら…?きっといつも通りのドタバタな舞台裏ドラマがそこにあるはず!

いよいよ迎えた公演当日。しかし、次々に発生するハプニング。果たして公演は無事に成功するのか?劇場に足を運んでくださったお客様の心に、何を届けられるのか…?
ほぼノンフィクションのフィクション作品で動き始めた演劇界にエールを送ります!さあ、動き出そう!

てあとるみのりは(福)豊芯会・ハートランドみのり内で2008年に結成された、精神・知的障がい者と一般の演劇人がひとつになって活動しているダイバーシティ劇団です。大塚を活動拠点にして豊島区を中心に20回以上の主催公演、数々の地域イベントに参加しながら、社会に存在する様々な見えない壁を乗り越えようとしています。舞台に立てばみんな平等。そんな劇団員のひた向きな思いをぜひご堪能ください。

エントリーNo.3 ノーコンタクツ『The Wrong Man』

今回、萬劇場での撮影という事で普段使っている場所をいかに工夫して作品の中に入れ込むかをテーマに作りました。
お客様として来場されている皆様には、劇場にこんな所があったのかと、利用されている皆様にはこんな使い方があったのかと見て頂ければ幸いです。
兎にも角にも見様見真似で作った、B級いやC…E級のショートムービー。移動の際の暇つぶしにでもなれば幸いです。

撮影:鏡田伸幸

未来から目を背けた演劇好きが今を楽しく生きる為のエンタメユニット。正式メンバーは麻見拓斗ただ一人ですがサポートメンバー6人を加え7人で活動中。年1~2回舞台公演、毎週火曜日にYouTubeにてインターネット番組配信、年1回の旅行。舞台は「笑わす為には手段を選ばず」をモットーに演劇を初めて見る方でも安心して楽しめるエンタメ活劇を上演しています。

エントリーNo.4 風凛華斬『 closed theater』

目を覚ますと、見知らぬ場所にいた。
同じ空間にいた男女は、ここがどこかの劇場である、
という情報を口にして以降、口をつぐんだまま。

自分だけに見えている幽霊。張り詰めた空気。
床に落ちた木刀。ポケットの中の赤い封筒。
「閉ざされた劇場」で、本当に恐れるべきものは、一体…

「密を避ける=互いに近づくことができない」をコンセプトにした、
風凛華斬初のショートホラームービー。

東京都内で活動中。「騒いで、笑わせて、最後にホロリと泣かせる」をモットーに、ライトノベルのようなファンタジー、現代を舞台にしたしっとりした幽霊もの、殺陣のある活劇から会話劇まで、ジャンルを問わずエンターテイメント作品を創る。主宰・SINによる気軽に楽しめて後味さわやかな脚本が演劇ファンから、観劇初心者の方まで好評。

エントリーNo.5 劇団ヨロタミ『サークル』

学生時代の演劇サークルの仲間4人が、16年ぶりに劇場を訪れる。弱小サークルだった彼らは、ここで初の劇場公演をするはずだった。もう1人の仲間と共に……。
劇団ヨロタミが贈る、「マスクしてても無駄口をたたかない」「誰かが触ったものには触らない」「とにかく消毒」を合言葉に、粛々と気合いで撮ったショートムービーです。
公演中止を余儀なくされ、「舞台に立ちたい」という今の劇団の気持ちと重ね合わせて製作しました。

2002年に旗揚げ。以後18年間、飽きずにほぼ同じメンバーで第28回公演を数える。その間、運良く「第27回池袋演劇祭 大賞」や「萬劇場夏の短編集2018 ベストショートストーリー賞」など8つの賞をいただき、現在に至る。

エントリーNo.6 猿組『またね』

2020年某日、全国的に実施された自粛の日々を終えて、男は劇場にいた。
殺風景な舞台を見ながら思いにふけっていると、劇場のスタッフらしき女性と出会う。
何となく話していると男の出演予定だった公演が先日延期になったこと、それが役者人生最後の公演だったことがわかる。
このまま辞めて良いのかと聞かれて、充分満足したという男に対しスタッフの女性はあるお願いをする。

演劇制作体V-NET劇団員東野 裕が主宰する団体。心温まるファンタジー作品を中心に創作。皆さんの応援で明るく元気に邁進する努力型エンタメ演劇ユニット。2017年10月に『メデューサの夢』で旗揚げ。2019年にV-NETが主催したGK最強リーグ戦2019にて『腹ペコの魔法使い』で2位を獲得(大和企画と同率)。同年10月から2020年3月までの半年間、柴崎道場にて毎月アトリエ公演を実施。リトルGK2019で『キャロルの歌〜世界を歩こう』でチーム優勝。

エントリーNo.7 演人の夜『世界はifでできている』

この物語上では色んな感情を持った島がそれぞれ独立してそこに存在している
生き方も考え方も全く異なるが、無意識に共通して持っているものは「相手を認める」事を一切しないと言う信念

ある日、1人のスイヘイは、名もなき島の少女と出会った
少女には感情がなかった


-もしもこの世界の存在する理由が、誰かのためだとしたら?-
-わたしたちは一体、どうやって生まれてきたんだろう-

2014年活動開始。
人間の根底に眠る闇を前面に押し出した作品を展開。
必ずしも先天的な悪だけでなく、闇が生まれるに至った悲しい過去を持つ者にスポットを当てていく。
実際に起こった事件や主宰・金子の実体験を基にストーリーを展開し、真綿で首を絞めるようにジワジワと瓦解していく世界を様々な手法で描く。

エントリーNo.8 海賊のように飲む会『悪い女の-waruihitono-』

隣の人はいつだって良い人ばかりではない…
そんな普通の日常から始まるごく平凡な物語です。

海賊のように飲む会とは作・演出のカワモト文明が主宰する、本気で遊ぶをコンセプトとした演劇集団です。
作風はコメディエンタメの4・5次元舞台である。
カワモトと酒を呑み交わし「出たい」と言えば出演できるって噂がある。
メンバーなど詳しくはホームページをチェックして下さい。

エントリーNo.9 メリケンギョウル『消人器-Hurry Up,Go Extinct-』

近い未来の、打ち捨てられた劇場。忍び込んでは空想に耽っている男の前に現れたのは…

演出家・兼子佳那子が中心となり旗揚げした、劇団とは名ばかりのユニット。ミステリ×コメディを軸に作品を展開する。

エントリーNo.10 ThreeQuarter Vivace『設定がある!』

森さんは、明るく元気で誰からも愛され、ちょっとの失敗は気にしない引きずらない性格で、半径 2 メートル以内に近づかれると胞子を出す…という「設定」の森ガール。萬劇場を訪れた彼女は、「設定」を生きるきっかけとなった先輩と再会する・・・。
ThreeQuarter Vivace が贈る、短編だけど設定盛り盛りハートフルストーリー!

社会人劇団ThreeQuarterの企画の一つ。
「生き生きと・・・」をテーマに普段の ThreeQuarter とはちょっと違った作品をお届け。
今回は、劇団として新たな試みとなる映像作品に挑戦!

エントリーNo.11 レティクル座『無観客』

稽古から本番まで一度も会わずに全てリモートで製作する劇団リモーツは旗揚げ公演「アマビエの涙」を終えた。

主演の「アマビエ役」の女は同じアパートの隣人による「壁を殴る音」に悩まされていたのだった。

2011年設立。阿部慎一郎を中心とした演劇団体。弱い人間を圧倒的ユーモアで過激に描くことで、生きるのに不器用な人たちに送るバラードのような作品を目指している。ギャグマンガのようなインパクトのある脚本と、愉快と不愉快の間を潜り抜けるような演出は観る者を圧倒的カオス空間へと放り込む。ちなみに今回が初の映像作品である。

エントリーNo.12 劇団YAKAN『シアターデッドディスタンス』

「全員その場を動くな!落ち着いて聞いてくれ、世界は、終わってしまったかもしれない」

劇団「晴れ組」は今日、旗揚げ公演「曇天、去りて」の上演準備のため劇場に集まっていた。
集合時間から暫くし、遅れて到着した座長に対し遅刻の理由を責め立てる一同だが、
座長の一言に一同は驚愕する。
そこには大きな嘘と、小さな真実が隠されていた。

世の中を!世界を!強いては自分を!
沸騰させることによって、ちょっとだけ綺麗な世界を作りたい。
そんなそれっぽい理念を基に、藍田航平が立ち上げた劇団。
ハイテンション、ハイスピードな劇を繰り広げるのが特徴。

賞について

優れた作品を作った団体に各賞を進呈します。

『優秀賞』:皆様のご投票に基づいて決定します。

『アトカル大使賞』:豊島区国際文化都市アート・カルチャー特命大使の皆様と、大使代表の城所信英様(豊島区観光協会理事・南大塚ネットワーク相談役)に審査していただきます。

『シネマハウス大塚賞』:萬劇場のすぐそばにある映画館「シネマハウス大塚」の館長で映画監督の後藤和夫様に審査していただきます。

ご投票とご寄付はこちら!

※同一IPからの連続投票は無効となります。

【ご寄付のお願い】

よろしければクラウドファンディングへのご協力をお願い致します。

萬ムービーフェス開催!
コロナ渦で公演が中止になった劇団の映像作品にご支援をお願いします

メディア掲載情報

萬劇場をあちこち使って「萬ムービーフェス」、公演中止・延期になった団体の作品そろう – ステージナタリー

としまscope – ≪みんなの投票で優秀作品が決まる!萬ムービーフェスでお気に入りの映像作品に投票しよう!≫

●2020年8月12日(水)18:00~TOKYO MX「news TOKYO FLAG」

参考

サンプル作品 森山智仁『萬劇場からの脱出』

募集要項:

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール|フォームメーラー

劇場事務所へのお問い合わせは TEL 03-5394-6901 E-mail: otsuka@yorozu-s.com
本日使用中の団体へのお問合わせは
劇場ロビー直通 03-5394-6260 まで

萬劇場紹介動画

劇場 自主企画

「萬ムービーフェス」緊急開催!!

 

投票受付 …… 7月15日(水)~8月12日(水)
結果発表 …… 8月17日(月)

 

http://yorozu-s.sub.jp/movie-fes/

周辺のお店紹介

折戸通り有志として、ホームページを作成しています。

折戸通りのお店紹介

制作・受付のお役立ちグッズ

物販スペースの飾りつけにお役立てください。
・スチールラック(無料)
・卓上POPスタンド(有料)
・ガーデニングパラソル(有料)

>詳細はこちらから

  • facebook
  • twitter

メールマガジン配信中

毎月10日に萬劇場での公演情報など、萬劇場からのお知らせをお届けしています。
チケットプレゼントもありますので、是非、購読ください。

購読希望の方は ticket@yorozu-s.comまでメールでお知らせください。

配信停止も上記アドレスまで。

  • facebook
  • twitter

東京

PAGETOP
Copyright © 萬劇場 (有)萬企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.